感染症対策

感染症対策について

新型コロナウィルスを含む感染症対策について当社の取り組み

事業所として 従業員に対しての
PCR検査(スクリーニング検査) を
実施しています。

※世田谷区が実施するスクリーニング検査

感染予防のための衛生用品を
準備し従業員に支給
  • サージカルマスク
  • 使い捨て手袋
  • 手指消毒用アルコール
必要時には従業員に支給
  • フェイスガード
  • 防護エプロン
  • 防護キャップ
  • 防護シューズカバー
テレワーク環境を整備し、
事業所内での密閉空間・
密集場所・密接会話を作らず
感染対策に取り組んでいます。
出勤前 (自宅)

職員は、毎朝検温を実施。
37.5℃以上のある場合は、事業所に連絡を入れ、当日は出勤せずに自宅療養。解熱後も2日間は自宅待機としています。

また、発熱はなくても、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ、激しい咳など体調不良がある場合は、速やかに事業所に連絡を入れ、当日は出勤停止としています。

訪問先

ご自宅に入る前に手指のアルコール消毒を実施。入室後、すぐに手洗い・うがいを実施し、再度、アルコール消毒を行います。

ご利用者様には、マスク着用、体温計測をお願いしております。

ご訪問の際は適宜、感染予防用品の着用を行い、スタンダードプリコーション (※1) の徹底を行います。

退勤後 (自宅)

帰宅後、すぐに手洗い・うがい・手指消毒の実施。

体調に変化がみられた場合は、事務所へ連絡を入れる。 

※1 スタンダードプリコーション 標準感染予防対策